logo-1.png

本場四川料理を皆様へ

横浜中華街を訪れる皆様に、とびっきりの本場四川料理の美味しさをご紹介します!

四川料理協会顧問のこだわりの四川料理店です。

京華樓は、本場四川省の四川料理を日本の皆様にお伝えしたいという一念で2004年に横浜中華街にオープンしました。ここでは京華樓の四川料理に対するこだわりについて簡単に解説していきます。

ご予約等、「ぐるなび」からお申込み出来ます。



京華樓のこだわりその1:四川調理協会日本顧問のお店

info_img01.gif京華樓のの功績が四川料理協会にも認められ、社長の竹本 清が2004年に四川料理協会の顧問に就任しました。

京華樓のこだわりその2:シェフは最低15年のキャリアを持つプロ

info_img02.jpg京華樓の四川料理部門のシェフは全員最低でも15年間は四川料理を修行したプロで四川省の出身です。四川料理のプロだからこそ、京華樓は皆様にご提供する四川料理に誇りと信念を持っています。

また、当店でも人気の刀削麺等の麺料理や小籠包等の点心は面点(麺や点心)の盛んな山西省・上海から招聘した同じく全員最低15年のキャリアを持ったプロが作っています。


京華樓のこだわりその3:本場調味料へのこだわり

info_img03.jpg四川料理の命とも言える豆板醤は四川省の郫县(ピーシェン)豆板醤の特上品だけを使用!京華樓では更にシェフが京華樓の料理に合うように改良したものを使用しています。 豆板醤だけでなく、辣油、麻辣鍋醤など四川調味料は全てシェフが自ら調合しています。


京華樓のこだわりその4:香辛料へのこだわり

info_img04.jpg四川省から直輸入した一級品のみを使用!料理長が厳選しています。料理に使用する香辛料は生の唐辛子だけでも3種類、更に漬け唐辛子や干し唐辛子・粉唐辛子と唐辛子だけでも何種類もある物を使い分けています。例えば京華樓の麻婆豆腐には18種類の香辛料を使用しています!



他にも京華樓では、店舗によりお出しするメニュー内容が多少異なります。それは、それぞれのシェフの得意とする料理を自信を持ってご提供するためです。

今まで四川料理に触れる機会の少なかった方も、京華樓で四川料理をお楽しみ下さい。どなた様にもきっとご満足して頂けると思います。

少人数でのご宴会プランもご提供します